Hotspring cove

c0057810_15205271.jpg『Hotspring Cove』は、バンクーバーアイランドからちょっと離れた小島にある。
もしかして、飛行機で行けたりして!という期待通り、交通手段は船か、
水上プロペラ機。イヤッホーとばかりに飛行機に乗り込む。
飛行機は白いしぶきを上げながら海面をすべり、そして大空へTake Off。
深き青い海に浮かぶ深き緑の小島を眼下に、約20分間の空の旅。
感想は、一言、
やっべえ~~~~~。

小島に到着後、今度は40分間のハイキング。
「え~、40分も歩くの~?」と思いきや、
ジャングルのような雨林の中を行くのは、ワクワクの連続だった。
太い木の幹が絡み合いながら地面を這い、見たこともないような鳥達が頭上を横切り、空からは眩いばかりの木漏れ日。
トム・ソーヤの世界みたい!!

程よく体が温まった頃にかすかに香ってきたのは、硫黄!
くっせ~~~~。
小さな源泉から湯気を出しながら、温泉が湧き出てる。
喜びをこらえきれず、走り出す。
突然視界が開け、目の前に広がる群青色の大海原。
そしてそして、海に隣接した、岩場の天然露天風呂!!
早速水着に着替え、ツルツル滑る岩を乗り越え、「うきゃ~~~」
とばかりに足を突っ込む。
「アチイィィィ!!」
先に入ってたカナダ人に「慣れれば大丈夫よ」と笑われる始末。
日本人としてはちょっと情けないけど、本当に熱かった。
ユックリと腰まで漬かり、
「あ~~~~~~~、き~も~ち~~~~~~~」
上を見上げれば、白い雲と青い空。
目を閉じれば、岩に砕ける波の音が耳にこだまする。
極楽、極楽。

温泉の後は、岩の上で果てしなく続く海を眺めながらのランチ。
スーパーで慌てて買ったサンドウィッチとサラダ。
なのに、大自然の中で食べると、どんなお食事よりおいしい。
横にはBooがいて、私と同じようにニッコリ微笑んでる。
何物にも変え難い時間 ―Priceless
[PR]

by myums | 2005-05-09 21:35 | 国際結婚とカナダ  

<< こんな事情がありまして ノートブック >>