ミッシャンはブーを覚えていたか

3週間。
赤子にとってそれは1年間にも匹敵する長さ。

ブー出張中につかまり立ち、高速ハイハイをものにしてしまったミッシャン。
テーブルやら椅子やら、つかめるものを見つけようならすかさず立とうとする。しまいには壁にも手を出す始末。つかまるところないんですけど!
その果敢なチャレンジ精神は素晴らしいのですか、こっちは毎日ハラハラ。

シンガポーの床はなぜか大理石!
転倒して頭をうったら大変なことになっちゃう。

一時もジッとしていないみっしゃんを追い掛け回し、くたくたな日々を送っていた私のもとに、やっとブーが帰ってきた。

「みっしゃーん、ダディだよ~ん」

白くて長い人の突然の出現に固まるミッシャン。

このちと、だれっ?!

得意の歌舞伎・ザ・ロック眉毛でブーをにらみつけ、何かを模索している様子。
果たして、ミッシャンはブーを忘れてしまったのか!?

「I miss youuuuuuuuuuuuuuuuuuu」
ブーに抱きしめられたミッシャン。困惑の表情。泣くか?泣くのか?!

「うきゃきゃっ♪」

おぉぉ!出ました。天使のスマイルです!!

その後はダディの帰宅が嬉しくて仕方ない様子で、うれション状態でした。
ミッシャンはダディーを覚えていた!
3週間会っていなくても、赤ちゃんは父親を忘れないことが証明された瞬間でした。

ブー、良かったね~。


ふと思ったけど、じゃあ、どのくらいの期間会っていなかったら赤ちゃんは両親を忘れちゃうんだろうか。一番身近であるはずの母親のことも、3ヶ月くらいあってなかったら忘れちゃうかなぁ。寂しい・・・
[PR]

by myums | 2011-10-06 20:17 | 国際結婚とシンガポール  

<< 新築なのにおんぼろ ハッピーバースデー >>