進化中

一週間ほど前から寝返りができるようになったミッシャン。
よほど楽しいのかコテンコテンと毎日転がる日々。
しかし、問題は、うつ伏せ→仰向けができないこと。

うつ伏せで何時間も遊んでいられるほどの腕力が育ってないので、10分くらいすると、「ふぎゃっ」と泣きそうな声を上げ始めます

見ると、頭を持ち上げ、足を空に向け、エビゾリながら手をバタバタさせてるではないですか。空飛びたいの?

見てるこっちは「可愛い~」とか思うのですが、やってる本人は体力の限界です。
腕力を鍛えさせるため、泣き叫ぶミッシャンをちょっとだけ見守る私。
5秒くらいでミッシャンをひっくり返すのですが、目に涙をいっぱいためて「おうっおうっ」と嗚咽するミッシャンは、まるでオットセイのようです。

問題はここからです。

ひっくり返しても泣き止まないことが結構あります。
そういう時は、軽くダッコして落ち着かせてから、下に置くのですが、置くと泣く。
そして泣きながらも、やならきゃいいのに、また転がる。

パワー消耗してるので下になった腕を抜くことができず、痛くてさらに泣く。

戻す。
泣く。
転がる。
痛い。
泣く。
ダッコする。

ここのダッコを少し長めにするか、置いた後に仰向けで一緒にしばらく遊んであげると、体力回復するみたいで、次の寝返りでまた時間が稼げることを発見しました。

でも以前のように、泣いてても放置作戦はもうできません。
そして、これからうつ伏せ→仰向けができるようなったら、さらに目が離せません。ジタバタ星人のミッシャンのことですから、どこまででも転がっていくことでしょう。

泣きながらも果敢に寝返りにチャレンジするミッシャン。そして疲れ果てて、よく昼寝してくれるミッシャン。素敵です!


もう1つ。
最近、ミッシャンが下唇を噛み締めるようになりました。
どうやら下の歯が生えてきてるようです!
歯が歯茎を押してむず痒いみたい。
本格的に歯が顔を見せ始めると、不快感で夜泣きしたりするそう…。

歯痒くても夜は寝るミッシャンでいて欲しいな~。

シンガポールに来てから、すごいスピードで進化を遂げているミッシャン。そろそろ離乳食も考えなきゃな~。
[PR]

by myums | 2011-06-24 12:56 | 国際結婚とシンガポール  

<< 太っ腹な小児科 Booが欲しいもの、私が欲しいもの >>