母乳育児

ミッシャンを宿した時から、私は決めていました。

母乳で育てたい!!

でも実際にやってみると、母乳を出すって意外と大変でした。

母乳って勝手にどんどこ湧いてくると思ってたんですが、実際には、赤ちゃんにたくさん吸ってもらって、初めて出てくるもの。
みんな、最初は乳の出が悪く、苦労するみたい。
私も、そうでした。
ミッシャンが小さい口で必死に吸ってるのに、なかなかお腹いっぱいになる量を出してあげることができせんでした。お腹を空かせて泣いてるミッシャンを抱えながら、涙が出てきたものです。

ミッシャンは、低体重で生まれていたため、入院中は母乳にプラスして粉ミルクも与えていました。粉ミルクを飲むと落ち着くミッシャンを見ていたら、「私は母乳が出にくい体質なのかも?」「ミッシャンは粉ミルクのほうが好きなのかも」という不安で、また涙が出てきたものです。

何度も思いました。

もう母乳あきらめよっかなー、乳首も痛いし。

しかし、ここであきらめたら絶対に後悔する。ここまで頑張ったんだからくじけるな!!と自分を叱咤し、また授乳というリングへ向かう日々。

母乳って出てる量が目視できないから、1ヶ月検診までは、赤ちゃんの体重増加が順調かどうか、すごく不安(家でも計りますけど、目盛り間違ってんじゃないかとか、余計な心配をしてしまうので)。
1ヶ月検診で、ミッシャンの体重が、標準値の底辺ギリギリながらも、増加は順調だったので、ものすごく嬉しくて、心底ホッとしました。

このホッとしたのが良かったのか、そのあたりから母乳育児にも自信を持てるようになって、授乳も苦痛じゃなくなりました。

ここで、参考までに、母乳のために私が続けていること

・おっぱいをあっためる
・温かい飲み物を飲む(ほうじ茶、麦茶)
・マッサージをして乳官を開く
・乳は血液なので、鉄分を摂る


まあ、今でも不安になる時もありますが、あまり悩まないようにしています。だって、頑張ってるから。自分を褒めてあげられるくらい頑張ってるのに、うまくいかないなら、それは仕方ない。
粉ミルクをあげたからって、ミッシャンが私を嫌いになったり、頭が悪くなったりするわけじゃないですから。
元気ならそれで良いですよね!
[PR]

by myums | 2011-04-27 17:02 | 国際結婚とカナダ  

<< モラキュラーバー シンガポールに引越し >>