お散歩

最近、すっかり夏陽気のバンクーバー。
あまりに気持ちがいいので、Booと一緒に川沿いの土手をお散歩。

暖かく降り注ぐを日差しを受け、
キラキラと輝く水面。
その上を、優しく撫でてゆく乾いたそよ風。
遠くには、雄雄しく連なる山脈が、その蒼い稜線をくっきりと描き出す。
そして、頭上には、果てなく広がる、青空。
バンクーバーの夏は、眩しいほどに美しい。

日差しが暖かくBooと私を包み込む中、
お手てつないで、プラ~ンプラ~ン。
すれ違う家族と挨拶を交わしたり、
2人でくだらないおしゃべりをしたり、
写真を撮りあったり。

そんな至福の時を味わっていると、
なんだか、ニョキニョキニョッキニョッキッキなもんを発見!
なんじゃ、こりゃ。
つくしん棒さん?!

キ、キモ!!

バンクーバーの夏の日差しは、ハンパじゃない。
強烈な日光の中、すくすく育ちすぎて、巨大化した植物がたくさんある。
チューリップは、これ以上開けませんってくらいに開いてるし、
タンポポも菊かよってくらいデカイ。
つくしん棒も、きっと育ち過ぎちゃったんだろう。

ちなみに、バンクーバーのUVは日本の7倍。
夏にバンクーバーを訪れる時は、日焼け止め塗り捲りで!

ニョロニョロ?

↑クリックで拡大せよ
[PR]

by myums | 2005-04-24 21:52 | 国際結婚とカナダ  

<< 垂れ流しにもってこい。 初めてのTOEIC >>