カナダ旅行とBooの逆カルチャーショック

c0057810_222484.jpg


ちょっと日が経ってしまいましたが、無事カナダから帰国しました。
今回は5日間という短い滞在期間に予定ぎっしりだったので、自由時間はほぼなかったのですが、それでも、やっぱり夏のバンクーバーは最高!

抜けるような真っ青な空に、降り注ぐ日差し、カラッと乾いた爽やかな空気。

空いた時間にバックヤードでぼんやりしてるだけで、めちゃくちゃ幸せでした。

そしてなんと言っても、広いスペースがたまらなく嬉しい!!
道も広いし、人も少ないから、自分のペースで歩ける!
スキップしたって大丈夫!

自分のペースを保てることで気持ちにも余裕を持てて、体調もすこぶる良好でした。

さて、カナダ初日は、Booの両親が住むStevestonをぶらっとお散歩。
スタバで念願の、「ディカフェのキャラメルマキアート」をオーダー(日本にはないのだ(ノ_・、))。
Booはラテをオーダー。
そのラテを作った店員さんが、ちょっと余ったからと言ってラテにミルクフォームをAddしてくれました。

それをみたBooが一言。
「カナダ人ってフレンドリーになったな〜」

何を今更。。。って感じ。カナダ人は前からフレンドリーだよ!!

きっと、カナダに住んでた頃には気付かなかったカナダ人の良さに、離れて初めて気付いたんでしょうね。Booも私も、融通の効くサービスをバンクーバーで満喫しました。

ラテとキャラメルマキアート片手にお散歩してたら、Booったら、「あっちこっちから英語ばっかり聞こえる!!」 だって。当たり前だよ・・・。

c0057810_22244393.jpg



Stevestonは、日系人の多く住む漁港エリアです。私がいた頃は、漁村って感じだったのですが、今はシティハウスがたくさん新築されて、かわいらしいタウンに。
程よい郊外で、ファミリーで住むのに最適なエリアです。

DTには、1日だけお土産を買いに行ったのですが、カメラを忘れて写真は撮っていません。ごめんなさい。
DTの感想は、High-Riseがニョキニョキ建ち過ぎ!!!
そのせいもあって、若いファミリーの姿が増えた気がします。前はDTに子供ってあんまりいなかったよね? 都市型生活が流行ってるのかな〜。

以前は、Granville Bridgeから見えるDTの美しい姿に感動したものですが、今はあまりにもBuilldingsが多くてキレイというより、窮屈そう・・・。

空が狭く見えるーーー。

そして、セフォラで買おうと楽しみにしてたベアミネラル
軒並みSold out !!!
「来週末くらいに入荷予定よ〜」というゲイ店員さんの言葉に、ショックを隠しきれない私。 
仕方ない。まあ、Benefitのクリームシャドウ買えたからいいや。 Benefitはパッケージがかわいいのです〜♪

Booも、日本ではサイズに困るシューズや靴下をここぞとばかりに購入。短時間の割に濃厚なショッピングタイムを過ごしたのでした。
[PR]

by myums | 2010-08-05 22:53 | 国際結婚とカナダ  

<< 妊婦 de サマソニ バンクーバーへ里帰り >>