アバター Avatar

タイタニック以来メガホンを取ったというジェームス・キャメロン監督の『アバター』を観ました。

今時の3D映像ってスゴイですね。
昔の3Dって、映像が目の前に飛び出してくる感覚でしたけど、21世紀の3Dは、奥行きです。遠近感を強めることで、より現実に近い感覚を造り出しているんですね。

c0057810_23445534.jpg


そして、神秘的な映像美。
天空に浮かぶ小島、光りに彩られた夜の森、美しい雲、緑、水。
大小の月が2つ夜空を飾っているのも、溜息が出るほどキレイでした。
ジェームスキャメロンは、すごい惑星造ったもんだ。

アバターもCG映像なのですが、まず、俳優に演技させてその表情筋までをキャプチャしてCGを作り込んでいるそうです。だから、とても感情豊かな表情を見せるのです。

すごいです。

すごいんだけども。

アバター気持ち悪いよ〜。
爬虫類っぽい皮膚感がどうしても受け付けなかったです…。青いし…。


c0057810_23463142.jpg



ストーリーは、観ればすぐ分かりますけど、宮崎駿です。
ラピュタともののけ姫を思い出します。
だけど決して悪くないです。
これだけ最新技術が先行した映画だと、エンターテイメントばかりに偏りがちですが、ストーリーやキャラ設定も明確にされているので、バランスとしては悪くないと思います。
先住民が英語話せちゃうってのが、ご都合主義っぽいですけど。

一番の難点は、長い。
重いデカイの二重苦3Dメガネをかけっぱなし3時間は、かなり辛いです。Booなんて、眼鏡かけていっちゃったから、Wメガネ。普段メガネの人は、アバター観るならコンタクトですよ。

3Dは映画に必須ではないけれど、この映画は確かに映像表現の新境地を切り開いたと言えるでしょう。圧巻の映像技術だけでも、この映画を観る価値はありますよ。

グランマズボーイで、超キモイおたくを演じてた彼も、出演。今度はちょっと気のいい科学者役です。

c0057810_2356327.jpg

[PR]

by myums | 2010-01-25 23:57 | 映画・海外ドラマ あ行  

<< ラブリーボーン - Lovel... ホーチミン写真館 夜・カウント... >>