ホーチミン Ho Chi Minh ーマッサージ編ー

食、スーツと来て、最後のミッションは、マッサージ!!
5日間の滞在中、3回もマッサージに行きました。だって、ホーチミンの道路ってデコボコだらけで、歩いてるだけで足の裏痛いんだもん。それにマッサージ安いし!

まず、最初に行ったのは、繁華街にあるアナムQTスパ。USDで支払いでした。フットマッサージ、ドライサウナ、スチームサウナ、ジャグジー、マッサージがついた2時間コースで45$。

写真付きで紹介されてるサイト発見!

http://vietnam.navi.com/beauty/6/article/

まあ、写真はちょっと良く撮りすぎかな〜って感じもするけど、マッサージは気持ちよかったし、設備もなかなかキレイだったので、お値段と釣り合いのとれたスパでした。
ただ、ビル全体がスパという大型な造りなので、静かに満喫するというより、友達とおしゃべりしながら楽しむタイプ。

次は宿泊したホテルの中にあったマッサージ。
入るとまず個室に通され、いきなり1人きりに。え、どうしたらいいの?とキョドってたら、胸元の開いたミニのワンピを着た小柄なかわいいおネエちゃんが現れ、服を脱ぐように身振り手振りで指示。
裸の上から入院患者みたいなワンピースに着替え、施術開始。

足の裏、ふくらはぎは良かったのですが、問題は太ももから上です。オネエちゃんがガーッと私の両脚を広げかたと思うと、足と足の間に座り込んでマッサージ。
オネエちゃんの足の肌が私の足の肌に密着して、なんだか微妙な気分。
オネエちゃんの肌ったら、超ツルツルでひんやり。
てか、待てよ。
Booもこれと同じマッサージを受けてるのか?

ひゃー。

これって、もしや、そういうマッサージサービス????

でも、まあ、オネエちゃんかわいいし、「Where you? Where You?」(Where are you from?と言いたかったらしい)と一生懸命話しかけてくれるし、こういうのもアリかも〜。

全身マッサージの後は、大部屋に移ってフットマッサージ。大部屋には、ミニのワンピを着たオネエちゃんたちが、せっせとマッサージ施し中。みんな若くてキレイ。お客さんはもちろん全員おじさま。女の客は私だけ。
だからなのか、色んな種類のお茶を出してくれたり、乾燥楳とかお茶菓子も出してくれて、サービス満点。私はなかなかいい気分だったのですが、Booは、チップをせがまれ、妙な色目を使われ、居心地悪かったよう。
「ちょっと怖かったよ」なんて言ってましたが、どうだかね〜。本当は嬉しかったんじゃないの〜?

最後は、ホーチミンの町中にあるマッサージ屋さん。
薄暗い個室に通された後、Tシャツとパンツに着替え、ソファチェアに横になります。このソファがすごくて、背もたれが電動可動式。マッサージ機能のついてないマッサージチェアみたいな感じでゴージャス。

しばらくBooと談笑していると、本日のマッサージャーであろう若い男女が入ってきました。女性が私を担当するものだと思っていたら、男性のほうが私を担当、女性がBooを担当。ベトナムではこういうもんなの?でも、かわいい男の子だったから、ちょっとラッキー。

温かいお湯に足をつけながらフットマッサージ。これが気持ちよかった〜。うつぶせで全身マッサージの後は、仰向け。まず、薄切りにしたきゅうりで顔を包み込むようにパックしてくれます。私がさっき食べようして慌てて止められたきゅうり。おつまみじゃなかったのね。

しばらくマッサージをした後、きゅうりをはがしてくれます。
衝撃の一言はその時彼の口から発せられました。

「You are Beautiful」

しかも、ささやき。

驚いて「What did you say?」って聞き返しちゃいました。そしたら、「Yes, You are beautiful」って、またささやき。

この人、2回言いましたよ。
聞き間違えじゃありませんよ。
マッサージ中に、「奇麗だね」って。
旦那横にいるっつうの。

ありえねー。

思わず笑っちゃいそうになりましたが、男の子はニコニコ。
私も大人の笑みで「Thank you」と返してやりましたよ。
そして、なんだかんだ言って、まんざらでもない私。ふふ。

浮かれた気持ちにさせてくれたからっていうわけじゃないですが、3カ所の中では、ここが一番よかったです。個室とソファチェアという設備がよかったし、スタッフがフレンドリー。私が着替えてる間、女の子がドアの前で見張っててくれて、男性スタッフが来ると、「だめ!」って追い払ってくれてました。なんだか微笑ましかったです。

ホーチミンでマッサージ。なかなか興味深い体験ができました。ミッション3も無事コンプリート!
[PR]

by myums | 2010-01-22 23:19 | 国際結婚とカナダ  

<< ベトナムで思うこと ホーチミン Ho Chi Mi... >>