この夏一番、呼吸困難な映画!オープンウォーター

去年見た映画、『Open Water』
日本では、今夏上映するとのこと。


----------------------------------------------------------
お互い仕事が忙しくて倦怠気味の夫婦、スーザンとダニエル。
久しぶりに2人で休暇を取って、
カリブ海にバカンスバカンス~。
カリビアン料理におケツを痛くした翌日、
2人はツアーで、スキューバーダイビングに参加する。

美しい海中散歩を満喫し、
海面へ上がると、
そこにあるはずの船が

ない!!

船は人数合わせを間違えて、
岸に戻ってしまったのだ!

「ありえねー」とか言ってみても、
「あんたのせいよ!」「はぁ?!」とかケンカしてみても
ないものは、ない。
2人は、広~い広~い大海原の、そのド真中に
置き去り。

右を見ても、海。
左を見ても、海。
空をを見上げれば、カモメが円を描いて飛んでいる。

頭上で、鳥が円を描く。
これは、北米では、最高のバッドラックを意味する。

ただでさえ、過酷なこの状況に
さらに、人食いサメの姿まで現れる。
2人の運命はいかに・・・。

----------------------------------------------------------


見終わった後、Booと2人で
「はあぁ~」
と、大きく息を吐いた。
映画の8割、いや9割は
海の上。
とにかく見てるだけで、
息苦しいことこの上ない。

そして、何より、
サメに襲われるかもしれないという恐怖。
まるで獲物をジリジリ追い詰めるかのように、
自分の周囲をグルグル回っては、
姿を消すサメの群れ。

すぐそこに、いつでも襲える距離にいながら、
いつ現れるのかわからない。
見えない力で、心臓を ギュ-------- ッ!!と絞られる恐怖が、
果てしなく続く。

デジタルカメラで撮影したような画質に
最初は、違和感があったが、
慣れると、臨場感タップリで、
これまた、リアル。

恐怖のドン底に陥れられたい人、
絶対見て!

後で聞いたのだが、この映画、
オーストラリアで実際にあった事件を
基にしてるそうだ。

私は、免許を持っていながら、
かれこれ3年以上潜っていない、
なんちゃってダイバーなのだが、
コレ見たら、ダイビングしたくなくなった。

主人公2人のやつれ具合をUPしようとしたけど、
なぜか、写真がUPできないので、
また後日。

UPできた!
c0057810_4572440.jpg

[PR]

by myums | 2005-03-31 16:05 | 映画・海外ドラマ あ行  

<< 怖いもの見たさで、どうぞ PING送信先 >>